乳酸菌革命

乳酸菌革命の効果を増幅させる方法

なぜこんなに乳酸菌サプリがあるの?乳酸菌革命は最適な選択肢

 

「乳酸菌サプリが多すぎる・・。」
乳酸菌サプリの種類がなんでここまで多いのかを知っておきたかったので
色々調べてみました。

 

その理由をピックアップしてみます。

 

・人それぞれ体に合う乳酸菌、腸内で増えやすい乳酸菌が違う。

 

・菌数に着眼したサプリや質の良さを重視したサプリがある。

 

・菌数が多いものを欲しい方、質のいい乳酸菌をとりたい方、
いろいろな種類の善玉菌を摂取して増やしたい方、など
需要が人それぞれ違う。

 

このように、いろいろな要素があるので、
乳酸菌の質も量も種類も、様々なものが出回っているのです。

 

その中で、乳酸菌革命は、ビフィズス菌、ラブレ菌、カゼリ菌といった
有名ドコロに加え、アシドフィルスなど強力な乳酸菌が、腸にに届きやすい状態で、
さらに胃酸に強いカプセルに入っています。

 

色々乳酸菌の種類があってどれが自分に合うかわからなくても、

 

乳酸菌革命を飲んでいれば
必要な乳酸菌(善玉菌)をすべて取ることができるのです。

 

そしてそのすべてが生きたまま腸に届きやすいんですね。

 

さらに、乳酸菌末(EC-12という死菌)が、もう大量に入っているらしいです。
(この辺り、はっきりと書かれていません。乳酸菌革命はせっかくいい商品なんだから
ちゃんとアピールしてほしいもんです。)
生きた乳酸菌が一番なんですが、死んでる乳酸菌でも量が多ければかなり効果があるという
研究が発表されています。(やはりこれも研究に決着はついていませんが実際に効果があるようです)

 

なので摂れるならいくらでも摂りたいものなのです。

 

乳酸菌に副作用なんてありませんしね。

 

そして、きわめつけは、イヌリンが入っています。

 

イヌリンはゴボウに含まれる水溶性食物繊維で、
腸内でオリゴ糖に変換されて乳酸菌のエサになるという優れもの。

 

ごぼうがお通じにいいのは、食物繊維がジェル状になって
食べ物のカスを巻き込みながら腸を動かすからなんですね。

 

そして、腸内でオリゴ糖に変わり善玉菌のエサになります。

 

なんて無駄のない働きをするのか・・人間のお通じのために存在するんじゃないか
というぐらいのハマり具合ですね。

 

そりゃ便秘にはめちゃくちゃいいわけです。

 

乳酸菌革命ではそのイヌリンが様々な大量の乳酸菌と一緒に取れてしまいます。

 

ついでにトクホ飲料で有名な難消化デキストリンも配合。

 

これも水溶性食物繊維なので腸を動かし乳酸菌のエサに。

 

全くスキがないサプリですね。いいところばかり集めています。

 

乳酸菌革命のパワーを最大に増やすのは、オリゴ糖!

 

乳酸菌革命だけでも間違いはないのですが、
体内で乳酸菌(善玉菌)を大量増殖させる方法は

 

「オリゴ糖」を一緒にとることです。
(乳酸菌革命にも入っていますが、量が少ないのです)

 

ビフィズス菌を始めとした善玉菌(乳酸菌は)
オリゴ糖をエサとして増える性質があります。

 

なので、一緒にオリゴ糖を取ると乳酸菌革命に含まている
多種多様な、大量の乳酸菌(善玉菌)が体内でさらに増殖して
腸内での割合が悪玉菌より優勢になることができます。

 

善玉菌を優勢にすると日和見菌が見方につくので、腸内環境は一気に良くなっていきます。

 

逆に、いったん悪玉菌が優勢になってしまうと日和見菌と合わさって
それらが善玉菌を攻撃し、それによりさらに悪玉菌が増殖、という悪循環になります。
すると、アレルギーや便秘、免疫システムの異常など、様々な症状が出ます。

 

悪玉菌は善玉菌を潰してしまうので、常に善玉菌優勢の腸内に保つことができるといいですね。

 

ちなみに悪玉菌の好物はたんぱく質と脂質ですので、肉類は控えたほうがいいです。

 

オリゴ糖はサプリかシロップでとる!

 

オリゴ糖のサプリメントも評判が高いものがいくつかありますね。

 

オリゴ糖サプリならこちら (ごっそり!)カイテキオリゴで劇的体験

 

スーパーやアマゾンで売っているオリゴ糖シロップもいいいですね。

 

オリゴ糖含有率50%で1キロ入りのオリゴシロップ。
これが一番コストパフォーマンスが良いと思います。

 

子供の肌がつるつるな理由は乳酸菌にあり?!

 

子供は寒くてもとっても元気ですよね。
私の世代では、クラスに数人はいましたけど、
冬でも、寒空の下半ズボンの少年が走り回っていたり。

 

肌もツルツルで男子でも髪がさらさら、体臭もほとんどありません。

 

それらを「若いから」で片付けてしまうのはもったいないです。

 

本当のところは、子供は、腸内の善玉菌の数が、大人に比べ圧倒的に多いんです。

 

腸内環境が私達に比べて、良すぎるんですね。

 

赤ちゃんの腸内は善玉菌が90%以上らしいです。

 

近頃、原因不明の体調の悪さに悩まされている人は多いですね。

 

便秘に始まり、睡眠障害、胃もたれ体が重い、極度の冷え性。
冬は体の芯から寒い。夏でも悪寒がする。吹き出物や肌荒れが酷い。
春は花粉症で鼻水が止まらない。などなど。

 

病院に行くと自律神経のバランスが・・とか、現代社会はストレスが・・
この肌荒れはアトピーなのでステロイドを塗れば・・なんていう診断を受けることも多く
そこで副作用の強い薬を出されてしまいます。

 

そして薬なしではいられない体質へと変わってしまうのです(薬を多く売りたい病院の思うツボですね)

 

薬で対処療法をしても一時的に楽にはなりますが、長い目で見ると意味はありません。

 

根本原因に気づき、取り除くことが大事です。

 

アレルギー症状や原因不明の心身の不調は
腸内環境の悪化により引き起こされている可能性がかなり高いのです。

 

便秘の原因が腸内環境の悪化と言うのはわかりやすいのですが、

 

こんな症状も?というものが研究で明らかになっています。

 

腸内フローラの悪化によって起こる症状を挙げてみます。

 

・乾燥肌
・シミ
・酒さ・赤ら顔
・アトピー
・便秘
・免疫力低下
・花粉症
・アレルギー性鼻炎
・高血圧
・大腸がん
・メタボリックシンドローム
・冷え症
・血行が悪くなる
・おならが臭く、止まらない
・セロトニンの合成ができなくなり、鬱になる。
・ドーパミンの合成ができなくなり、無気力になる。

 

いかがでしょうか?こんなにあるのです。

 

もちろん人によって、腸内環境が悪くなることで表に出てくる症状は違います。

 

便秘になって表れる人が多いのですが、肌が弱い人は肌にでますし、
花粉症としてでたり、冷え性として出たりします。

 

病院に行っても治らない症状が乳酸菌で治った

 

例えば、アトピーなら、本当は腸内環境の悪化により、
未消化になってしまったタンパク質や毒素が
バリアの弱った腸壁から吸収され、血液中にしみ出して
その毒素を皮膚から排出しようとして皮膚が痒くなったり炎症としてでているのです。

 

でも、病院に行くと、その症状にアトピー性皮膚炎という名前をつけて
アトピーを抑える薬、とか、かゆみを抑える薬を出すといった診断しかしません。
掻かなければなおると言って、副作用のキツイ痒み止めの薬を出すトンチンカンな医者もいるようです。

 

なぜ皮膚が痒くなるのか?なぜ皮膚に炎症として表れるのか?
といった根本的な問題が無視されてしまいます。

 

西洋医学をメインとする一般的な病院では
それぞれの症状だけをみて、それを薬を使って一時的に抑えるという方針しかありません。

 

例えば、冷え性がひどくて、便秘気味で、でも花粉症が一番辛いから
花粉症を見てもらいに耳鼻科へ行きます。

 

そこで花粉症を抑えるキツイ薬をもらい、後は薬を続けるだけで終わってしまいます。

 

もっと全体を見て、出ている症状から総合的に判断すれば、
腸内フローラが悪化していることがすべて症状の原因で、
乳酸菌を増やして腸内環境を善玉菌優勢にすれば治るとわかるのですが、
今の医療システムでは無理なのです。

 

病院はお金を稼がなければいけないので、
とりあえず一つの症状を抑える薬をいっぱい出す、というわけですね。

 

そして薬が切れたらまた症状がぶり返し、また薬をもらいに病院に行ってしまいます。

 

副作用は辛いし、根本的に治らないしという悪循環ですね。

 

もう病院に言われるがまま薬を続ける必要はありません。

 

腸内環境(根本原因)を良くすれば、複数の症状がピタッととまり、治ってしまいます。

 

大人になるに連れて乳酸菌がゴッソリ減っていく。

 

大人になると腸内の乳酸菌は何も対策をしなければ子供の1000分の1まで減ることが
研究によって明らかにされました。

 

それに加え、食生活は自由になり、お酒も飲めるし、好きなモノを食べても怒られることはなくなります。

 

成長とともに、体は大きくなり、風邪などへの抵抗力がついても
その内部で乳酸菌(ビフィズス菌など)は減り続け、腸内環境はどんどん悪化していくのです。

 

子供のあのハツラツさを思い出してみてください。

 

大人になった私たちは、乳酸菌を意識して摂取しないと、
子供のようなキレイな腸内環境を手に入れることはできません。

 

乳酸菌革命+オリゴ糖を続けることで、内側から輝く健康な体を維持しましょう。

 

乳酸菌革命で様々な症状が治った経験談

 

以前、肉や油物、お菓子ばかり食べて、食事に全く気を使わなかった時期がありました。

 

肌はボロボロだったし、1日の睡眠時間が12時間ぐらい寝てもまだ眠く日中仕事になりませんでした。

 

一年ぐらいその状態のまま生活していたのですが、鬱っぽいし体のいたるところがかゆいし、
胃がいつも気持ち悪く、消化不良気味で、口臭もひどく、ご飯を食べたら眠くて仕方がないといった感じでした。

 

動悸や悪寒もかなりひどくて、このままではいけない、と思っていました。

 

そんな中、暴飲暴食をしている割に元気で肌つやつやな知り合いから、乳酸菌とオリゴ糖を毎日とっていることを聞きました。

 

ひょっとして、私は食べ物と腸内環境が悪いから体調が悪いのではないの?・・。

 

そして、自分の体で検証を始めました。

 

ネットで乳酸菌について調べ、ヨーグルトを買い込み

 

そして、同時にオリゴ糖シロップもかいました。

 

そして同時に摂取してみると・・。

 

便意は次の日にゆるいものが来ました。オリゴ糖の即効性だと思います。
(体調は相変わらず悪かったですが、若干寝起きがよく体が軽いのを感じました)

 

これは可能性あるんじゃないか?とさらに色々調べました。

 

善玉菌のこと、悪玉菌のこと、腸内フローラのこと。

 

善玉菌はオリゴ糖と食物繊維をエサにして、悪玉菌はタンパク質と脂質が好物。

 

白砂糖は腸内環境を悪くする。

 

腸内環境が悪玉菌優勢になると、タンパク質が未消化になり、悪玉菌のエサになりやすい。

 

そして悪玉菌のエサにすらならなかった未消化タンパク質が腸から血液中にしみだして
アレルギー症状やアトピーとなって表れる。

 

腸内を善玉菌優勢に保ち続ける事が重要。

 

などなど。

 

「よし!ちょいと善玉菌を増やし続けて腸内環境を良くしてみよう!」そう決意したのを思い出します。

 

そしてタンパク質と白砂糖よくないなら、ヨーグルトはだめじゃんか・・となったのですね。

 

ヨーグルトや乳製品に含まれるタンパク質のカゼインが腸壁を荒らすらしい。

 

んじゃあ、乳酸菌のサプリだ!ってことで、どんなものがあるのか、また色々調べました。

 

想像以上にいっぱいありました。

 

錠剤のものカプセルのもの、色んな種類の乳酸菌があって、

 

様々な会社から評判が高いものが多く出てる。

 

次に出てきた疑問が、どの乳酸菌サプリを取れば最適なんだろう?ということでした。

 

どうやら、その人に合うものと合わないものがあるらしいので人気があるものとか

 

CMでやってるものとかを盲目的に取ればいいってものでもないらしいのです。

 

色々レビューを見ても、こればかりは自分で試してみるとり仕方ないかな、と思いました。

 

最初の乳酸菌サプリ購入代で、3万円は使ったと思います。

 

とにかくいろいろ買いました。

 

自分に合うかどうか分かるには、2週間は見ないとわからないとの事だったので、

 

いくつか候補を絞りました。

 

その一つに、乳酸菌革命があったのです。

 

主要な乳酸菌がすべて取れるうえに、イヌリンや難消化性デキストリンが入ってる、
そしてレビューの評判がめちゃくちゃいい。一番人気かどうかは分かりませんでしたが
知る人ぞ知る乳酸菌サプリという感じでした。乳酸菌の質と量だけを考慮するとダントツに思えました。

 

デザインや華やかさで売ろうとする商品を買っても、胃腸が健康にならないと全く意味ありませんからね。

 

乳酸菌革命は本質を突いた商品というか、シンプルで、必要なものが必要なだけ良質な状態で入っていて
機能性が高くて、なんだかわかりにくい例えかもしれませんが、iPhoneのような商品です。

 

とにかくこれを続けてみよう、と思いました(オリゴ糖シロップと一緒に♪)

 

乳酸菌革命とオリゴ糖を飲み続け1.5ヶ月後

 

乳酸菌革命とオリゴ糖を飲み、肉や油料理、甘いお菓子やパンを避け、
野菜や果物や漬物(発酵食品)をよく食べ、一月半が経過しました。

 

結論から言うと、人生が変わりそうです。

 

途中でお腹がゆるくなりすぎて、電車や仕事場でひやっとしたことはありましたが、
落ち着いた今は、便秘とは無縁です。

 

肌つやも髪ツヤもなんというか全体的に、こう・・

 

エネルギーに溢れだした、と感じます。

 

精神的にも明るくなり、疲れにくく、些細な事でイライラしたり、不安になったりしなくなりました。

 

睡眠の質もいいし、あんなに長かった睡眠時間が3時間ほど減りました(それでも長いですが)

 

あと精神状態が変わったせいか、部屋が汚いのがめちゃくちゃ気になります。

 

以前は散らかっててもまあいいかという感じでした。ふとんもこまめに干さないと気になります。

 

体の中が清潔だと自分の周りも清潔にしたくなるようです。

 

そして臭いにも敏感になり、歯磨きを以前より念入りにするようになりました。

 

掃除もよくするようになり家族の反応が変わりました。

 

今これをかいているのは冬で、子供のように半袖半ズボンでも元気、というわけにはいきませんが

 

家族からは元気になった、とか顔色が良くなった、とか若返ったとか言われます。

 

30代前半ですが、そんなことを言われるほど、以前は年齢の割に老けていたようです。

 

どこかで腸内環境が変わると運命が変わるというキャッチコピーを見かけましたが
そのとおりではと感じています。

 

そして乳酸菌革命を飲んでいるんだから、食事でそれを台無しにしてはいけないと
食べるものにも気をつけてしまいます。

 

食の欧米化で、日本人の腸内環境はかつてなく悪化しています。

 

腸の構造やや消化酵素の種類が欧米の方とは
違うので、欧米の人と同じ食事をすると、確実に腸内環境は悪化してしまいます。

 

アトピーやアレルギーの患者が増えてきたのは欧米食がどっと入ってきた昭和中期かららしいですね。

 

それ以前はほとんどなかったらしいです。(おばあちゃんに聞いてもアトピーやアレルギーなんてなかったと言われました)

 

自律神経失調症も、花粉症も、あったかどうか怪しいですね。

 

原因不明と言われる症状やなかなか完治しない体調の悪さは、ほとんど腸内環境が悪いせいではないかと思っています。

 

腸内環境が良くなり健康になると、もう以前のような最悪な状態には絶対戻りたくありません。

 

これから死ぬまで(極端ですが)乳酸菌革命をとり続けて
腸内環境を善玉菌優勢に保ち続けようと決めています。

 

寿命も伸びるでしょう。癌のリスクも減ります。

 

ですので、食事も気をつけます。肉やお菓子も食べますが、適度に抑え
食べ過ぎないように、「これを食べると悪玉菌が繁殖するな」と意識して、
悪い食事をセーブします。

 

あなたも、ダメだったらやめればいいので
たった一ヶ月だけでも乳酸菌革命とオリゴ糖を試されてみると
運命が変わるかもしれません。